メルカリにおける「受取」に関する迷惑行為

この記事では
「受取」に関する迷惑行為について
解説しています。

トンすけ

メルカリで商品の受取に関する迷惑行為についてまとめてみました。

受取時の迷惑行為

受取時の迷惑行為は色々ありますが、特に以下の行為には注意が必要です。

  • 購入した商品を受け取らないこと
  • 返品合意後に商品の返送を拒否すること
  • 取引相手の意思を確認せず商品を返送すること


注意点

保管期限の超過による差出人返還などもトラブルの原因になりますので、必ず保管期限内に荷物の受取りを行ってください。
荷物の受け取りが数日後になる場合、出品者にも連絡をいれておくべきです。
保管期限内に受け取りが難しい場合、郵便局に連絡することでチルドなどでなければ数日くらい待ってもらえることがあります。

合意なしの受取拒否はトラブルにしかなりませんし、出品者に勝手に返送するのもトラブルにしかなりません。
説明と商品が明らかに異なる場合、届いた商品が破損してた場合など、取引のキャンセルを行うには手順がありますので、くれぐれも身勝手な行動は行わないようにしてください。


ひと言

トンすけ

着払は何かとトラブルになるケースが多いので、送料を上乗せした金額で販売したほうがトラブルを回避できます。

コメントを残す