取引終了後の返品・返金を要求された場合の対処方法

この記事では
取引終了後の返品・返金について
解説しています。

犬吉

受取評価後に返品・返金を要求され、「弁護士、消費者センター、警察にも知り合いがいるから然るべき対処をする」と言われて困っていますが、どう対応すればいいですか?

取引後のキャンセル

メルカリのガイドには、以下のように記載されています。

取引完了後にキャンセルすることはできません。
双方の評価が終わり取引完了している場合、システム上、キャンセルはできないため、下記方法のどちらかでご対応いただく必要がございます。

取引相手とご相談のうえ、返金方法をお決めのうえ、事務局までお問い合わせください。


取引完了後は、メルカリのシステム的にキャンセルをすることができませんので、取引メッセージ上でやり取りを行うしかありません。


対処方法

取引完了後であれば、基本的にはスルーしても問題はないと思います。
相手をブロックしても取引メッセージでのやり取りはできますので、このケースではブロックに意味はありません。


迷惑行為

「弁護士に相談する」「警察に相談する」「消費者センターに連絡する」「住所わかるから家に行く」と言われた場合、取引メッセージをスクリーンショットした上で、事務局に連絡(スクリーンショットを添付)すれば問題ありません。

ちなみに消費者センターは、個人間の売買トラブルには介入しないそうです。


ひと言

トンすけ

こういうケースは、商品価格の一部を事務局から購入者に補償して取引完了となるケースがありますが、売上金から補償額が差し引かれる事はありませんのでご安心ください。
不安な場合は、大きなトラブルになる前に事務局に連絡してください。

コメントを残す