購入後に理不尽な理由でキャンセル申請された場合の対処方法

この記事では
理不尽なキャンセル申請について
解説しています。

ぎん太

出品者から「評価が5以下の初心者とは取り引きしたくない」と言われ、キャンセル申請されました。
こういう場合、キャンセルに合意すべきですか?

合意しない

納得いかなければ、キャンセルに合意する必要はありません。
「評価件数が少ないから取引したくない」なんて失礼な話ですし、そういう「自分勝手」な理由でのキャンセルはできません。

出品者が事務局に相談したとしても、こちらには何1つ落ち度はありませんので、全く気にする必要すらありません。
発送していただくのを待つばかりです。


注意点

こういうケースの場合、商品が発送されても報復評価される可能性が高いです。


合意する

納得いかないと思いますが、キャンセルに合意するのも1つの選択肢です。
「評価件数が少ないから取引したくない」なんて平気でいう人と取引しても、きっと良い結果にはなりません。

キャンセルに合意すれば、出品者の自分勝手なキャンセルなので、出品者は24時間の利用制限になります。


注意点

キャンセルの理由は、よく確認してください。
こういうケースは「出品者の都合」となりますが、中には「購入者の都合」「購入者が間違って購入した」という理由になっていることがあります。

上記の状態でキャンセルに合意すると、購入者が24時間の利用制限になる可能性がありますので、慌てずにきちんとキャンセル理由を確認してください。
キャンセル理由が「購入者の都合」となっていた場合、同意しないを選択した上で、取引メッセージにて「出品者の都合ならキャンセルに合意します」と出品者に伝えてください。

この部分は、絶対に妥協したらダメな部分です。


ひと言

トンすけ

今は取引件数が多い人でも、最初はみんな0からのスタートです。