メルカリにおける「購入」に関する迷惑行為

この記事では
「購入」に関する迷惑行為について
解説しています。

トンすけ

メルカリで商品の購入に関する迷惑行為についてまとめてみました。

購入時の迷惑行為

購入時の迷惑行為は色々ありますが、特に以下の行為には注意が必要です。

  • 購入する意思のない注文
  • いたずら目的と見受けられる注文
  • 自己都合により取引をキャンセルすること
  • 購入手続き後の商品に対して値引きを持ちかけること
  • 売却済み商品に対し取引を持ちかけること
  • 支払い期限内にお支払いが完了しないこと
  • 正しい配送先住所を設定せずに取引を行うこと
  • 購入手続き完了後に支払い方法を変更すること
  • 期限内にお支払いがないなど進行中の取引を放棄すること


注意点

購入時の迷惑行為としては、「自己都合によるキャンセル」が圧倒的に多いです。

商品説明の内容と商品が明らかに異なる場合などのキャンセルは仕方ないと思いますが、「やっぱろ必要なくなった」「サイズが小さかった」「思っていたものと色が違う」などの自己都合によるキャンセルは迷惑行為に該当し、ペナルティの対象となります。

購入する前にコメントで質問した上で購入するなどの対応を行えば、こういうトラブルは確実に減りますし、事前に確認したにも関わらず説明と異なる場合は正当な理由でキャンセルも可能となりますので、自己防衛としても事前に確認することも大切だと思います。

キャンセルについては、下記の記事を参考にしてください。
取引キャンセルの条件と手順購入後に理不尽な理由でキャンセル申請された場合の対処方法


ひと言

トンすけ

メルカリにおいて「値引き交渉」は挨拶みたいなものなので、過度な値引きは交渉はスルーして問題ないと思います。

コメントを残す