偽物・非正規品と思われる商品が届いた場合のキャンセル・返品方法

この記事では
偽物・非正規品の返品について
解説しています。

クリネ

明らかに某ブランド品の偽物が届きました。
返品・返金してほしいので、手続き方法を教えてください。

偽物と思われる商品が届いた場合

偽物・非正規品と思われる商品が届いた場合、絶対に受取評価は行わないでください。

届いた商品が、偽物・非正規品の可能性があると判断した根拠を、取引メッセージで出品者に伝えてください。
メルカリの事務局にも商品IDと現状説明を行い、偽物・非正規品の可能性があると判断した根拠を伝えてください。


偽物・非正規品だと判断した証拠

偽物・非正規品の可能性がある商品については、偽物だという証拠を提示しなくてはなりません。

証拠というのは、「写真で見比べても全く違う」「個人的に商品については詳しい・好きだから知識がある」という程度では偽物の証明には全くなりません。

あくまで、客観的な証拠が必要となります。
ブランド品の買取ショップでも偽物だと証明してくれるところはないと思いますし、当然ながら偽物証明書もありません。

「偽物は買取価格で判断できる」という意見もありますが、そもそも偽物は買い取らないので買取価格もわかりません。
本物でも買取基準に満たないものは安く、買取価格で偽物だと判断するのは難しいです。

本物だと証明するのは簡単ですが、偽物だという証拠を得るのは非常に難しい行為です。
警察に相談する場合も同様です。


偽物の販売

ブランド品の偽物を販売、譲渡する行為は商標法、意匠法、著作権法などの法律で禁止される違法行為であり、懲役10年以下、罰金1000万円以下の刑罰が科される可能性があります。

正規品の証明となる「購入時のレシート」「シリアルナンバー」などの写真がない商品や入手経路や商品の詳細が商品説明に記載されていない場合などは、スルーしたほうが無難だといえます。

出品する側も正規品かどうか不確かな場合は出品しないほうがいいです。
偽物を売るつもりがなくても、結果的にトラブルに発展する可能性もありますので、小遣い稼ぎにしてもリスクが大きいです。


返品・キャンセルの流れ


ひと言

トンすけ

メルカリで、ハイブランド品は買わない!
たぶんトラブル回避のための唯一無二の選択です。

コメントを残す