間違った商品を送ってしまった場合の対処方法

この記事では
誤発送について
解説しています。

モジャ夫

AさんがTシャツ、Bさんが本を購入してくださいましたが、発送した後に間違って発送した事に気付きました。
今、何をすべきですか?教えてください。

差し止め・取り戻し

メルカリ便を利用した場合とメルカリ便以外を利用した場合により、対処方法が異なりますのでご注意ください。


メルカリ便の場合

メルカリから配送会社へ依頼を行いますので、マイページからお問い合わせにて、商品IDを明記のうえ連絡してください。
くれぐれも自分で配送会社に連絡しないように注意してください。

事務局へのお問い合わせ方法については、下記の記事を参考にしてください。
メルカリ事務局へのお問い合わせ方法


メルカリ便以外の場合

ご自身で配送会社に連絡し、差し止め・取り戻しが可能か確認を行ってください。
ケースバイケースですが、取り戻しに別途料金が発生する場合もあります。


配達されていた場合

既に商品が取引相手に配達されていた場合、キャンセル対応を含め、商品を返送してもらわなければなりません。
取引メッセージで丁重にお詫びし、返送先の住所を伝えてください。

返送時の送料に関しては、双方間の話し合いのうえで決定すべきですが、今回のケースでは出品者が負担すべきだといえます。

返品手順については、下記の記事を参考にしてください。
商品の返品手順について


注意点

メルカリ便は1取引に1回までしか使用できませんので、再び商品を発送する場合、メルカリ便以外の配送方法を利用してください。
このケースでは、再発送にかかる費用は出品者が負担するしかありません。

お届け先の住所は取引画面に表示されなくなっているため、取引メッセージでお届け先の住所をご確認する必要があります。
取引相手が「住所を教えたくない」「匿名配送以外ならキャンセル」という話であれば、もともと出品者のミスなのでキャンセルを受け入れるしかありません。

一度発送された荷物のため、取引を継続する場合、メルカリ便の送料は販売利益から差し引かれますのでご注意ください。

結果的にメルカリ便を取り戻しして再発送した場合、商品代金-手数料-最初のメルカリ便の送料-再発送の送料=利益となりますので、商品によっては確実に赤字になります。


ひと言

トンすけ

今回のケースは完全に出品者のミスなので、赤字になったとしても仕方ないと割り切って対応するしかないです。

コメントを残す