普通郵便を着払で発送する行為について

この記事では
普通郵便の着払について
解説しています。

モジャ夫

メルカリなどで「普通郵便の着払で発送」とありますが、普通郵便の着払の方法を教えてください。

普通郵便の着払

普通郵便を着払で送付することはできません。

郵便のサービスを悪用して受取人に料金を払わせる方法を「普通郵便の着払」と勝手に決めて、郵便物を送付してる方がいますが、この行為はグレーではなく完全にブラックです。

故意または常習性があれば84条1項により罰金刑に処せられます。

第八十四条(料金を免れる罪)
不法に郵便に関する料金を免れ、又は他人にこれを免れさせた者は、これを三十万円以下の罰金に処する。

故意であればこの行為は極めて悪質です。


着払が利用できるサービス

着払で発送したいときは、下記のサービスをご利用ください。


ひと言

トンすけ

水濡厳禁、折曲禁止というサービスは日本郵便にはありません。
水に濡れない工夫、折曲がらない梱包を行ってください。

コメントを残す